テストレンズ群

ブルーライト減光レンズ

最近よく聞く「ブルーライト」ってなんでしょうか?
それは、人間の目に見える光を可視光線(波長が380nm〜780nm付近)とよんでいますが、 その中で波長の短い380nm〜500nm付近の光(下の図の440nmを中心とした青い帯のところ)のことを、ブルーライト(短波長光)といいます。 紫外線(385nm以下)が、目に悪いことは周知の事実ですが、 最近では、ほとんどのレンズが400nm以下をほぼ100%カットする紫外線カットレンズになっています。


出典先:HOYAヴィーナスガードコートラピス販促資料より
上の表からもわかるように、ブルーライトを完全にカットしているわけではないので、ブルーライトカットレンズとは言えません。

そもそも、なぜ「ブルーライト減光」なのか?

失明原因の一つに「加齢黄斑変性症」という病気があります。 この病気の原因の一つに、エネルギー量の多い、ブルーライト光を受けることにより、 網膜細胞がダメージを受け、修復・再生できなくなるのが原因ではないかと言われています。
そして、青色LEDの発明で、パソコンやスマートフォンの液晶画面にLEDが使われるようになり、 同じ白色でも、LEDの画面の白色光は、ブルーライト領域の成分が多くなっています。 なので、
ブルーライト領域の光は → 加齢黄斑変性症の原因の一つなので → 目に悪い。
LED画面もブルーライト領域の光が多いので → やっぱり目に悪い → だからパソコン作業にはブルーライトをカットするレンズが良い。
こんな感じで、ブルーライト=目に悪い光ということになりました。

疑似白色LEDの液晶画面のスペクトル
450nm付近にピークがあることが確認できます。

ブルーライトを減光するには

1.染色タイプ
サングラスなど、色のついたレンズのことです。 色が濃いほどブルーライトを減光します。

左上からアースブラウン10FC アースブラウン15GC アースブラウン25GC
左下、ビスタブラウン50FC ビスタブラウン75FC

同じ色の濃度でも、色合いによってカット率は違います。

左上からアースブラウン10FC、スカイグレー10FC、グレイスパープル10FC
左下、オペラピンク10FC、クリアーブルー10FC、フレッシュグリーン10FC


500nm以下のブルーライトをほぼ100%カットする遮光レンズもありますが、濃い色のレンズは、パソコン用としては実用的ではありません。

2.反射タイプ
レンズの表面のコーティングでブルーライトを反射させることで減光します。 反射を強くすると、レンズがギラギラして映り込みがでて逆に気になり、また、 青の補色の黄色味が強くなるので、レンズメーカーにより少しずつ、味付けがかわってきます。

下のレンズが反射タイプのブルーカットレンズ。透明ですが黄ばんでみえます。
レンズを横から写した写真。反射タイプのレンズ(左)は、レンズ側面が透明です。

3.染色+反射の組あわせ
染色タイプのレンズに、反射タイプを組み合わせることにより、さらにブルーライトの減光ができます。 (注:あまり濃い濃度のレンズにはできません。)
 
問題は、常用できる程度の色でブルーライトをどこまで減光できるか?ということです。
仕事によっては、色のついたレンズは使えないという人には、
10%でもブルーライトを減光できる、反射タイプのブルーライト減光レンズが良いということです。

ブルーライトにも対応のHOYAキャリアカラーレンズ


ブルーライトだけでなく、眼に対して刺激の強い500nm〜600nm領域の光を減光して、 パソコン作業が楽になるカラーレンズです。 このレンズのいいところは
1.HOYAの沢山あるレンズと組み合わせられる。
2.ブルーライト領域の減光により、全体のコントラストが上がる。
3.日常生活でも使え、日差しのチラつきも抑えられる。
4.色彩を扱うデザイン関係の仕事の人に適したカラーがある。
このキャリアカラーは、好き嫌いで選ぶと目的に沿わない結果になるので、 パソメガで最適なカラーを選びます。

パソコンやスマホをするときはブルーライト減光レンズがいいの?

これは一概に言えません。
ブルーライト減光レンズだけで効果のある人もいれば、まったく効果を感じない人もいます。 パソコンやスマホの画面は、確かにブルーライトの成分が多いですが、 画面の明るさを暗く調整すれば少なくなります。
だからと言ってブルーライトを無視することもできないのですが、もっと気を付けないといけないのが、 目の「調節」と「輻輳」の関係です。 このことは、パソコンメガネのページをみてください。→こちら
さらに、LED液晶スペクトル解析システム「PC−SPECTRUM」を導入しましたので、 詳しくは→こちら
面倒なうんちくはいいから、今すぐ試してみたい方は、ブルーライト減光レンズ無料体験にどうぞ。→無料体験